電子書籍のご案内

※この記事は常時最上位に表示されます


夢なら夢と、ささやいて[Kindle]
著者:小田桐圭介
広田さんは夢見がちな女の子。いつも楽しい空想をして過ごしている。最近はクラスの望月君のことが気になり、望月君のことばかりを空想していた。そんなある日、放課後の教室で女子が望月君と付き合うという会話を耳にしてしまい、広田さんは……。2016年1月に同人誌として発行した本文14ページの読切短編作品です。本文サンプルはこちら
 
夜空の灯火またたく下に[Kindle]
著者:小田桐圭介

天文部の男子、中原はある日勢いに任せて以前から好きだった前島さんに告白するも、「変態!」と叫ばれ逃げられる。意気消沈したまま後日部活に顔を出してみると新入部員として入ってきた前島さんの姿が。前島さんの意図は何なのか。2人の距離は縮まるのか。学園青春譚。2016年5月に同人誌として発行した本文28ページの読切短編作品です。本文サンプルはこちら
Pocket

眼科6月

眼科でした。眼圧は右目14、左目13でした。

半年ぶりに視野検査とOCT検査を行いました。

視野検査は右目の真ん中の視野が欠けているので最初に中心の光を見て目の位置を合わせるのがうまくいかず、なかなかスタートが出来ませんでした。

右目も左目もくっきりはっきり見える光があまり無く、これ光ったのかなと思いながらボタンを押してたので心細くなりました。

視野検査とOCT検査での結果は3年前とほぼ変わらずでした。先生の判断では新たに酷くダメージを受けた視神経はなさそうだとのことです。とりあえずほっとしました。二回の手術も効果があったようです。

ただ視野検査の右目の真ん中の周辺部分の結果が少しだけ悪く出ているので、これが体調によるただの誤差の範囲内なのか本当に見えなくなっているのか注視しなければならないとのことでそこが少し心配な点でした。

先生からは視野検査もOCT検査も長い期間行い続けて傾向を把握するものなので今後も視野維持に努めるために頑張りましょうと言われました。

このままずっと今の視野を維持できたらいいなと思います。次の診察は一か月後です。

Pocket

眼科4月

眼科でした。

眼圧は右が13、左が11でした。前回診察の眼圧が両目とも12だったので右が1上がって左が1下がった形です。眼圧コントロールとしてはうまくいっているとのことでした。短期間で極端に上下しておらず10台前半を維持しているという意味だと思います。

引き続きキサラタンが処方されました。

次回の診察は二か月後の六月です。一年ぶりに視野検査とOCTを行います。変化が無いと良いのですが。

Pocket

【漫画】Kindle版『夜空の灯火またたく下に』取扱い開始のお知らせ

Amazonのkindleで『夜空の灯火またたく下に』の取扱いが始まりました。

夜空の灯火またたく下に[Kindle]
著者:小田桐圭介
天文部の男子、中原はある日勢いに任せて以前から好きだった前島さんに告白するも、「変態!」と叫ばれ逃げられる。意気消沈したまま後日部活に顔を出してみると新入部員として入ってきた前島さんの姿が。前島さんの意図は何なのか。2人の距離は縮まるのか。学園青春譚。

2016年5月に同人誌として発行した本文28ページの読切短編作品です。
本文サンプルはこちら

高校の天文部を舞台にした読切短編漫画です。

2016年5月にコミティア116で出した本です。『夢なら夢と、ささやいて』に続き個人では2回目電子書籍です。癖が無くとても親しみやすい物語です。このKindle版でもお読みいただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

【漫画】Kindle版『夢なら夢と、ささやいて』取扱い開始のお知らせ

Amazonのkindleで『夢なら夢と、ささやいて』の取扱いが始まりました。

夢なら夢と、ささやいて[Kindle]
著者:小田桐圭介
広田さんは夢見がちな女の子。いつも楽しい空想をして過ごしている。最近はクラスの望月君のことが気になり、望月君のことばかりを空想していた。そんなある日、放課後の教室で女子が望月君と付き合うという会話を耳にしてしまい、広田さんは……。

2016年1月に同人誌として発行した本文14ページの読切短編作品です。
本文サンプルはこちら

ささやかな青春譚の読切短編漫画です。

2016年1月にコミティア115で出した本ですが、在庫がもう無く再版する予定も無いので電子書籍にしてみました。個人では初めての電子書籍です。

コミティア115で頒布した時、人によって感想が全く違ったので面白いなと思いました。このKindle版でもお読みいただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Pocket

眼科3月

眼科でした。

今回、前眼部OCT(CASIA)を使っての検査がありました。前眼部OCTは短い時間で眼球を撮影し、あっという間に眼球の前部を立体的な画像にしてくれる機械です。CASIAというのは製品名です。これで濾過胞の状態を見てもらいました。

相変わらず左目の濾過胞は平板らしいのですが、画像で確認すると房水が溜まってる状態ではなく外に流れているのが分かったので良しということでした。

眼圧は右12、左12でした。両目ともあと2~3は下がってほしいのですが。キサラタンは継続ということになりました。

術後半年ほど経ったので、視野検査をお願いしました。ただ僕の行ける曜日と時間帯に検査機の予約がたくさん入っていたらしく、三か月後になってしまいました。状態がどうなっているか心配です。

視野検査は三か月後ですが、次回の診察自体は来月またあるので行ってきます。

Pocket