眼科3月

眼科でした。

今回、前眼部OCT(CASIA)を使っての検査がありました。前眼部OCTは短い時間で眼球を撮影し、あっという間に眼球の前部を立体的な画像にしてくれる機械です。CASIAというのは製品名です。これで濾過胞の状態を見てもらいました。

相変わらず左目の濾過胞は平板らしいのですが、画像で確認すると房水が溜まってる状態ではなく外に流れているのが分かったので良しということでした。

眼圧は右12、左12でした。両目ともあと2~3は下がってほしいのですが。キサラタンは継続ということになりました。

術後半年ほど経ったので、視野検査をお願いしました。ただ僕の行ける曜日と時間帯に検査機の予約がたくさん入っていたらしく、三か月後になってしまいました。状態がどうなっているか心配です。

視野検査は三か月後ですが、次回の診察自体は来月またあるので行ってきます。

Pocket

眼科3月」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。

    眼圧の数値自体は悪化はしていないみたいで、まずは何よりですが、
    せっかく手術をされたのですからもう少し良い数値で安定して欲しいですよね。

    緑内障そのものではないのですが、2カ月ほど前に見た記事で、「網膜色素変性症」という難病が、
    iPS細胞を利用したマウスへの実験に成功したとありました。少しずつですが、
    こういった目の病気の治療技術は確実に進んでいると思います。

  2. >太陽様

    こんにちは!

    そうですね、2週間の手術入院は正直辛かったので安定した効果が出て欲しいところです。

    iPS細胞を使った眼科領域への再生医療は理研の高橋政代先生がとても精力的に進めてくださってるみたいですね。

    ヒトの緑内障への応用はまだ未来の話だと思いますが、薬剤の開発などでは僕が生きているうちには何か良いものが出て来るのではないかなと期待しています。

    これからも視野を維持してまだたくさん漫画を描きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA