眼科1月

更新が2月になってしまいましたが1月末に新年一回目の眼科でした。

眼圧は右11、左12でした。

先生に計測してもらった後、眼球マッサージをしてからもう一度計測してもらいました。数値はほとんど変わらないとのことでした。これなら今後もマッサージしても効果は無いだろうし、むしろ炎症のもとになるとのことで、マッサージ期間は終了となりました。

眼圧の数値自体はキサラタンの効果も見られて先生にとっては概ね満足な結果とのことです。ただ以前にも書きましたが、緑内障が発覚してから目薬を三種使って数年間眼圧を12~15くらいに抑えててもどんどん視野欠損が進行したので、僕にとっては安心できない数値です。常に10以下の7~9ぐらいになって欲しいのですが。

インプラントを使用した繊維柱帯切除術をしても、眼圧が思うように下がらず結局キサラタンを使用することになるのは、やはり少し残念です。

左目の濾過胞は相変わらず平坦だそうで、先生は再建手術もまだ考えているのとことでした。

次の診察は少し間が空いて2か月後です。

Pocket

眼科1月」への6件のフィードバック

  1. こんにちは。

    今回の検査で眼圧が少し下がっていたとの事で安心しました。
    ただやはり依然として、手放しで喜べる状況とまでは言えませんよね。
    手術以降、小田桐先生の感覚的には視野の欠損は抑えられているのでしょうか。
    眼圧の数値も何とか一桁台になって欲しいと、本当に、切に願っています。

  2. >太陽様

    こんにちは!

    前回より少し下がったので、とりあえず良いかなと思っています。先生が仰るには冬は水分が出にくいので眼圧が高くなる傾向があるそうですから。

    視野の状態は術後まだ視野検査をしていないので状態は分からないです。術後半年ぐらいしてからだと思います。視野検査は時間もかかりとても疲れるので気が重いです。

    次の診察はちょっと間が空いて2ヶ月後です。診察を受けたらまたブログを更新しますね。

  3. 小田桐先生
    先生の視野欠損の進行にご不安なお気持ちを思うと
    胸が痛いです
    自分なりに少しでも先生のご不安を
    少しでも和らげることが出来たら・・・
    と思うのですが学の無い時分には言葉が見つかりません
    ただただ、ご回復を祈るばかりです

    1. >下野淳二 様

      こんにちは!

      こういう目になってしまったのは体質のせいなのでしょうがないと思っています。両目を使えばまだ結構見えるので、なんとかこれから残りの視野を保たないとなぁと思っています。

      それと再生医療で緑内障も治る病気になればいいなとほんの少し希望を持って日々を過ごしています。

      見えないのを気にし始めるととやはり落ち込みますが、それ以外では少し不便だなと思うくらいで普通に過ごしていますよ。

      優しいお言葉ありがとうございます。

      1. 小田桐先生

        すみません
        私はただただ先生の作品が好きで・・・
        先生が書けなくなってしまったら・・・
        先生の作品が読めない!!!
        と思うとたまらない気持になってしまうだけの
        小田桐先生信者なんです・・・
        本当に申し訳ありません・・・
        私は全く優しくなんてないんです・・・
        でも
        先生の作品が好きだから
        自分なりに
        言葉は選んだつもりです
        言い訳ばかりで、すみません・・・

        1. >下野淳二様

          いえいえお気持充分に伝わっております。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA